【最新刊】広告業界という無法地帯へ

広告業界という無法地帯へ

1冊

前田将多

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「電通」の理不尽エピソード満載! 「電通新入社員自殺事件」でブログが話題に。元コピーライターによる激白エッセイ! 恐ろしいのは、どこにでもいる普通の人たちだ――広告業界の第一線で働いてきた著者が見た、聞いた、大の大人たちが繰り広げる仕事上のしょーもない理不尽の数々を、ユーモアと屁理屈で昇華する必笑コラム集。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/03/02

    レビュー

    4
    4
    5
    0
    4
    4
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/23Posted by ブクログ

      『広告業界という無法地帯へ』-前田将多-(毎日新聞出版)

      1章 電通という会社
      2章 ダイジョーブか、広告業界?
      3章 ダイジョーブか、みんな?
      4章 お客様は神様か

      [レビュー]
      広告業界、電通...

      続きを読む
    • 2017/10/27Posted by ブクログ

      本書は問題提起はしているが問題解決にはおそらく至らない。なぜなら、クライアント企業は自分に問題があるとは思っていないし、広告会社は「そういう業界だから」と思っているから。もし現状を変えるとすれば広告会...

      続きを読む
    • 2017/06/28Posted by ブクログ

      電通という会社だけでなく、広告業界のおかしさをコラムで痛快についている。よく分からなかった会社を少し理解できたかもしれない。

    開く

    セーフモード