つげ忠男劇場

つげ忠男

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    戦後の昭和22年頃から約10年を東京の下町、葛飾で少年時代を過ごした作者。殺気立つ喧騒の中で生きることに精いっぱいで、いつも空腹状態だった少年たち。特攻帰り、極道、愚連隊、不良グループが幅を利かせていた時代を生きてきた作者が、自分の体験をコミックと文章でつづった必読の一冊。文学の世界に魅せられたキッカケも収録。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    • 2013/08/04Posted by ブクログ

      僕の中では「幻の作家」だったつげ忠男さん。ついに読むことができて感激。
      といってもマンガじゃなくて、挿絵つきのエッセイなんだよね。ああ、マンガが読みたい!
      内容はなんだかちょっと民俗学の匂いがして、そ...

      続きを読む
    [{"item_id":"A001724171","price":"550"}]

    セーフモード