本当は怖い不妊治療

草薙厚子/黒田優佳子

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    今世紀最大の医療スキャンダル!日本で不妊治療を受けている人は50万人を超え、年間4万人が高度生殖医療で生まれている。不妊症に悩むカップルは6組に1組。世界的に見ても日本は世界一の不妊治療大国だ。しかしその成功率は非常に低い。日本はなぜ治療件数世界一なのに、出産率世界最下位なのかそもそも日本で行われている不妊治療は安全なのか。この問題に、『少年A 矯正2500日全記録』『僕はパパを殺すことに決めた 奈良エリート少年自宅放火事件の真実』などのベストセラーがある、ジャーナリスト/ノンフィクション作家、草薙厚子が迫る。

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/01/18Posted by ブクログ

      本当は怖い不妊治療。草薙厚子先生の著書、黒田優佳子先生の監修。不妊に悩む女性、不妊に苦しむ女性は世の中に本当に多い。不妊治療、顕微授精、生殖補助医療がもたらす危険性をわかりやすく説明している。これから...

      続きを読む
    • 2018/10/14Posted by ブクログ

      2018/10/03読了


      本当は怖い って煽っているけど
      内容はもっともなので(タイトルが悪い気もしないこともないが・・)
      不妊治療にあたる際には、知識として読んでおくべきだとは感じた。
      病気や障...

      続きを読む
    • 2018/02/16Posted by ブクログ

      仕事に絡むので実態を知りたくて読んでみた。統計的な数値や海外との比較、不妊治療の実際、問題点、色々書かれていた。驚いたのは日本は実施数が1番多いにもかかわらず成功率は世界的に見ても最低レベルにあること...

      続きを読む
    開く

    セーフモード