【最新刊】JR上野駅公園口

JR上野駅公園口

柳美里

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    一九三三年、私は「天皇」と同じ日に生まれた――東京オリンピックの前年、出稼ぎのため上野駅に降り立った男の壮絶な生涯を通じ描かれる、日本の光と闇……居場所を失くしたすべての人へ贈る物語。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/03/03
    連載誌/レーベル
    河出文庫
    出版社
    河出書房新社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(106件)
    • JR上野駅公園口
      2020/12/30

      ブンガク
      かかった時間 100分くらい

      …ヤバい作品を読んでしまった…
      周知のとおり全米図書賞を受賞した本作品で、それなりに期待して読んだのだが、これは、マジで、ヤバい。

      主人公は上野公園のホーム...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • JR上野駅公園口
      2020/12/17
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • JR上野駅公園口
      2021/01/03

      「一体化のエクスタシー」の代価は重い。そう感じた。

      柳美里さん、今まで苦手だった。『家族シネマ』がしんどかったのもあるし、柳美里さんの政治的発言をこれまで受け止めかねていたので。柳美里さんは、マージ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード