文系のための理数センス養成講座(新潮新書)

竹内薫

836円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    あなたが心の底で求めていたのは、数学や科学の「知識」ではなく、「知恵」そのものだったのではないか。「理系と文系は、そもそもどこが違うのか?」を入り口に、「論理的思考」の本質や「科学観」の育て方など、あなたの「理数センス」をサイエンス界の名ガイドが徹底的に磨き上げる。AI時代と最先端テクノロジーの捉え方や、研究不正といった科学のウラの顔の疑い方まで、現代を生き抜くための教養を一冊に凝縮。

    続きを読む

    レビュー

    2.6
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2018/05/03Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/04/05Posted by ブクログ

       久しぶりの竹内さんの本です。ただ、少々期待外れ。
       “理系思考”の根っことして論理学の基本知識を取り上げていますが、ちょっとそうかしら?という印象。実験による事実(数字)の「検証」は“理系的”ではあ...

      続きを読む
    • 2017/12/17Posted by ブクログ

      やや話し言葉調で展開。理系センスを養成するというよりむしろ、科学史や近未来の展望に力点が置かれている印象。

    開く

    セーフモード