【最新刊】綾志別町役場妖怪課 すべては雪の夜のこと

綾志別町役場妖怪課

2冊

著者:青柳碧人

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    北海道綾志別町の自治体アシスタントとなった宵原秀也。彼を追ってやってきた恋人の日名田ゆいとともに、事件の真相を追うが、そこにはロシアに繋がる大きな因縁が!? 北国の妖怪課の事件簿、ファイナル!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/09/23
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.8
    5
    5
    0
    4
    4
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/10Posted by ブクログ

      「積もる雪、忍び寄る影」
      感じる視線の先。
      突然ストーカーがいるかもしれないと言われたら信じれない事もあるのかもしれないが、ここまで否定しなくてもいいだろう。
      今後何かあってからじゃ遅いと思うが、彼女...

      続きを読む
    • 2019/06/09Posted by ブクログ

      「綾志別へようこそ」
      忘れていた記憶を。
      政府は良かれと思い考えていた事だとしても、現実はそんなに甘くないし勘違いして認識されるのだろうな。
      彼には小夜仙がいたとしても、やはり街の外に出ると記憶が消え...

      続きを読む
    • 2017/10/31Posted by ブクログ

      まだ続くみたいなので嬉しいです。このシリーズ好きです。でもどんどん変な人が出てくるし、謎は残るしなので、早く続きが読みたい!!

    開く

    セーフモード