【最新刊】天国からの銃弾

天国からの銃弾

島田荘司

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    もと消防署だった建物を購入した男は、施設の一部として残った「見張り塔」から、毎日写真を撮りつづけた。聳え立つ富士を背景に、ソープランドの屋上に立つ“自由の女神像”。ある日、その女神の目が異様に赤く光る瞬間があることに気づいたとき、男の平穏な日常を襲う衝撃的な事件が……。(表題作) 奇抜な着想で鬼才が放つ、トリック&サスペンスの傑作!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/02/24
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • 2008/10/09Posted by ブクログ

      『ドアX』歌野晶午の『葉桜の季節に君を想うということ』に似てるね(笑)「Xのドア」のオチは良かった(笑) 『首都高速の亡霊』2つの物語から構成されていて面白かった(笑) 『天国からの銃弾』目が光る自由...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/12/31Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2014/05/22Posted by ブクログ

      ノン・シリーズの中編を三編収録。いずれも著者らしい「奇抜な着想」が魅力的で、一体どんな解決になるのか、つい先が気になってしまいます。
      トリックというよりもストーリーテリングの妙で巧く纏めている印象です...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001720695","price":"605"}]

    セーフモード