【最新刊】踊る手なが猿

踊る手なが猿

島田荘司

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新宿西口地下にあるケーキ屋のガラスケースの上にすわる猿の人形。向かいの喫茶店で働く純子は、この猿に結ばれている赤いリボンが、時によって位置を移動するのが気掛かりだった。(「踊る手なが猿」) 都立高の敷地から江戸時代の墓地が? その中の樽形の棺に男女2体の人骨と、密封された小壺が入っていた。(「暗闇団子」) サスペンス&トリック傑作集。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/02/24
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 踊る手なが猿
      2020/01/21

      『展望塔の殺人』のように御手洗、吉敷に頼らない短編集でサスペンス・倒叙物・幻想文学・時代物とそれぞれヴァラエティに富んでいる。
      新宿地下街図を「踊る手なが猿」になぞらえた奇抜な発想が見事な表題作、正統...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 踊る手なが猿
      2019/03/05

      目次
      ・踊る手なが猿
      ・Y字路
      ・赤と白の殺意
      ・暗闇団子

      「踊る手なが猿」は、手なが猿の意味が分かれば事件のからくりはわかる。
      だから純子がそれに気づいて泣き崩れるところで話が終わった方が、切れが...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 踊る手なが猿
      2011/12/19

      ミステリー作家として有名な島田荘司の短編集。最初の二編は島田荘司らしいが、後二編はイメージと違いました。特に最後は江戸時代の悲恋モノと言えそう。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード