【最新刊】回帰 警視庁強行犯係・樋口顕

回帰 警視庁強行犯係・樋口顕

著:今野敏

679円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    これは日本で初めて起こったテロ事件なのか? 事件は現場ではなく会議室でも起きている!! 捜査と家庭に追われる刑事の奮闘を描く、シリーズ最新作!!四谷にある大学の門近くで自動車の爆発事故が起こった。死者と怪我人を出したこの爆発は、やがて「爆弾」が仕掛けられていたことが判明する。警察はテロと断定し、警視庁刑事部捜査一課の樋口顕は情報収集に動き出すが、上司である天童隆一管理官から「かつての部下、因幡が『テロを防ぎたい』という電話をかけてきた」と打ち明けられる。国際テロ組織に入った噂のある因幡からの電話は、今回のテロとの関連するのか?そんな最中、樋口の娘・照美が、バックパッカーで海外旅行に行きたいという。公安も捜査に乗り出す中で、テロ捜査と家庭の間で奮闘する樋口は何を思うのか――。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/08/22
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • 2017/08/30Posted by ブクログ

      樋口さん、相変わらず素敵です。公安の梅田管理官を主人公にも1作欲しいですね。事件と娘さんとのことを絡めて進む展開は、さすが今野敏という感じ。

    • 2017/08/19Posted by ブクログ

      警視庁強行犯係・樋口顕シリーズ。
      好きなシリーズです。ひぐっちゃん。
      係長なんだけど無闇にグイグイいかない。冷静でいて、あたたか。上からの信頼が厚い。
      でもまわりから自分への良い評価を聞かされると、ほ...

      続きを読む
    • 2019/11/20Posted by ブクログ

      警視庁強行犯係・樋口顕シリーズ第5弾。
      警察小説の中で、上司や部下からの信頼がこれほど厚い主人公は珍しいのでは。
      彼は、買いかぶりだと自己認識し、他人からの評価にずれを感じている。自分は、「人一倍心が...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002224135","price":"679"}]

    セーフモード