【最新刊】武田氏滅亡

武田氏滅亡

1冊

著者:平山優

2,419円(税込)
1%獲得

24pt(1%)内訳を見る

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください

    武田信玄の後継者である勝頼は、天正十年(1582)三月十一日、織田信長・徳川家康・北条氏政の侵攻を受けて滅亡した。戦国の雄・武田氏はなぜ、亡国へと追い込まれていったのか。勝頼個人の「暗愚」な資質に原因を求める見方は、はたして正しいのか――。武田・北条・上杉による甲相越三国和睦構想、上杉謙信没後の後継者をめぐる御館の乱、徳川家康との高天神城攻防戦という長篠敗戦後の転換点を主軸に、史料博捜と最新研究から、詳述されてこなかった勝頼の成果と蹉跌を徹底検証。戦国史研究に新たなる足跡を刻む決定版!序 章 諏訪勝頼から武田勝頼へ第一章 長篠合戦への道第二章 織田・徳川の攻勢と武田勝頼第三章 甲相越三国和睦構想と甲相同盟第四章 御館の乱と武田勝頼第五章 甲相同盟の決裂と武田勝頼第六章 苦悩する武田勝頼第七章 武田勝頼と北条氏政の死闘第八章 斜 陽第九章 武田氏滅亡第十章 勝者のふるまい終 章 残 響

    続きを読む
    提供開始日
    2017/02/24
    連載誌/レーベル
    角川選書
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    4.4
    5
    5
    3
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/08/16Posted by ブクログ

      天正元年~10年に事件多過ぎ。信玄死亡。長篠の戦。謙信死亡。御館の乱。武田家滅亡。そして本書の後に勃発するが天正壬午の乱。

    • 2017/08/15Posted by ブクログ

      勝頼が武田家を継いでから滅亡するまでの約9年間を資料に基づいて丁寧に著述している。平山さんの本はみんな好きだがその中でも群を抜いた名著。
      勝頼の失策として例えば長篠の戦いや御館の乱での動き、高天神城見...

      続きを読む
    • 2017/06/10Posted by ブクログ

      新田次郎の「武田勝頼」を読んで以来、勝頼が気になって仕方がなかった。
      長篠の戦いで暗愚な将と言うよりも、武田信玄でも陥せなかった高天神城を陥とし勇将というイメージを持っていた。
      しかし新府城や諏訪大社...

      続きを読む
    開く

    セーフモード