【最新刊】氷の秒針

氷の秒針

大門剛明

583円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    平成7年に社長一家惨殺事件と主婦強姦殺人事件が長野県で起きた。15年後、事件発生3ヶ月の違いが両者の明暗を分ける。一方は時効が成立してしまったが、もう一方は公訴時効廃止によって永久に犯人を追及できることになったのだ。両遺族の苦しみは交錯し、運命のいたずらが新たな悲劇を呼ぶ! 奪われた者の怒りと悲痛、そして切なる思いが胸を刺す、迫真のミステリー!

    続きを読む
    提供開始日
    2017/02/17
    連載誌/レーベル
    双葉文庫
    出版社
    双葉社
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    レビューコメント(4件)
    • 氷の秒針
      2016/12/18

      大門剛明『氷の秒針』双葉文庫。時効廃止の法改正をテーマに、事件に翻弄される遺族たちの生き様を描いた社会派ミステリー。冒頭から最後まで二転三転の展開と遺族たちの揺れ動く心情が描かれ、一気読みした。時効廃...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 氷の秒針
      2018/12/19

      凶悪な2つの殺人事件。
      一家惨殺事件に、若妻惨殺事件。

      地道な遺族達の運動が実り、公訴時効が撤廃された。
      しかし、一家惨殺事件の方は、法律の施行日前であったため、時効が成立し、若妻惨殺事件は、継続し...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 氷の秒針
      2017/03/15

      殺人事件の被害者遺族にとって、加害者は絶対に許せない存在だろう。その身になってみなければ想像もつかない。
      しかも、時効制度のあるころは、その壁に耐えがたい無力感を味わっていたことだろう。
      現在は、時効...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード