平安女学院大学の奇跡 小規模大学の生き残り大逆転戦略

著:山岡景一郎

1,300円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    債務80億円を抱えた創立140年の京都の名門女子大。著者は「常識破り」の改革で、大学を1年で黒字化してみせる。そして、「新入社員教育のいらない学生を育てる」ことを運営方針に、大規模な組織改革、教育改革を行なった結果、4年連続就職率100%を達成し、山岡式大学運営の成果を世に知らしめた。いま必要とされる大学とは。必要とされる人材とは。大学の常識を覆し続ける著者が、小規模大学の生き残り戦略を語る。 ●第1章 心の偏差値が高い人間を育てる――大学は、伸び代を持った自立した人間を育成する場 ●第2章 女性リーダーの育成をめざす――考えさせる教育・教養教育の徹底、教員と職員の協働を進める ●第3章 「大学理事長」誕生までの歩み――成功する秘訣は、成功するまでやり遂げること ●第4章 名門大学を甦らせた山岡式経営改革――誰のための学校運営か、それを見誤るな ●第5章 人間力・仕事力を伸ばす理想の教育――小規模大学だからこそ学生の潜在能力を引きだせる

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/03/01Posted by ブクログ

      破綻寸前だった平安女学院を蘇らせた剛腕の秘訣。ジェネリック・スキルなどの教育に関する一般的な説明は迫力がなかったが、経営者として教授会の権限を理事会に移していったなどの説明、人事権を初めて教授会から奪...

      続きを読む
    • 2017/01/02Posted by ブクログ

      期待外れなことは最初から分かっていたが、怖いもの見たさもあって読んでみた。
      期待どおりに期待外れであった。
      家庭教育や女子教育に対する著者の思いで共感できるところもあるのだが、これは心の中で思っておけ...

      続きを読む

    セーフモード