【最新刊】ふたり狂い

ふたり狂い

著:真梨幸子

721円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「自分のことが書かれてる」小説の主人公と同姓同名の男が妄想に囚われ、作家を刺した。それに端を発し起こるデパ地下総菜売場異物混入騒ぎ、企業中傷ネット祭り、郊外マンション連続殺人。事件の陰には意外な“ふたり”の存在が。クレーマー、ストーカー、ヒステリー。私は違うと信じる人を震撼させる、一瞬で狂気に転じた人々の「あるある」ミステリ。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/02/17
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • 2016/10/14Posted by ブクログ

      真梨幸子が描く異常な世界、サイコな人びと。8編の連作短編小説。

      タイトルを見て、読んだことがあるかも知れないと思いながら読んでみると、案の定、既読。ハヤカワ文庫から2011年に刊行されたのを読んでい...

      続きを読む
    • 2017/03/02Posted by ブクログ

      連作短編集。
      連作短編集という手法を活かしきった物語だった。
      脇役として登場していた人物が、次の物語では主人公として登場する。
      あちらこちらにすでに見知った人たちが配置されていて、それぞれの物語の微妙...

      続きを読む
    • 2018/08/11Posted by ブクログ

      連作短編集。(2009年3月)
      収録作品:エロトマニア / クレーマー / カリギュラ / デジャヴュ / ゴールデンアップル / ホットリーディング / ギャングストーキング / フォリ・ア・デュ

    開く

    セーフモード