【最新刊】人馬(六)【電子限定特典付き】

人馬 【電子限定特典付】

墨佳遼

836円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    運命が、そこにいた。半人半馬の生き物「人馬(じんば)」が、この世に在った証の物語。墨佳遼による人外話譚、ここに堂々完結。戦禍に追われ、絶望の道を行く松風たちは果たして……そのころ、幼き小雲雀は、人間に囲われて過ごしていた。美しさゆえ人間たちには気に入られるが、虜囚の人馬たちの恨みを買う。そんな中でも生きようと、悲しいまでの強かさを身に着けていく――墨佳遼が全身全霊で描いてきた和風ファンタジー、これにて閉幕!! 【目次】第六話/第七話/第八話/第九話/第十話/第十一話

    続きを読む
    ページ数
    232ページ
    提供開始日
    2020/07/17
    • 人馬 【電子限定特典付】 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      人馬 【電子限定特典付】 全 6 巻

      4,906円(税込)
      49pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    • 2017/03/18Posted by ブクログ

      (裏表紙の解説より)―古来よりこの国に住まう、半人半馬の種族「人馬」。
      時は戦国。人は彼らを戦の道具と見なし、その尊厳を奪った。

      ― 主人公の松風が迫力の登場をした時はこの力強いタッチで全編描かれ...

      続きを読む
    • 2018/06/02Posted by ブクログ

      作者は恐らく人外フェチなのだと思われる…私には人外フェチの要素はないのだが、人間の亜種として「人馬」が在る、亜種に対して人はここまで残酷になれると言う意味では『東京喰種』の世界観と共通するものがある。...

      続きを読む
    • 2018/06/02Posted by ブクログ

      生きて命を繋ぐ事は、子孫を残すと言う使命もあるが、知恵を次世代に残す事も含まれる。少子化が叫ばれている昨今、自分の子供を持たずに生涯を終える者も、前世代にからは考えられないくらい増えているに違いない。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード