【最新刊】一九八四年[新訳版]

一九八四年[新訳版]

ジョージ・オーウェル/高橋和久

733円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    〈ビッグ・ブラザー〉率いる党が支配する超全体主義的近未来。ウィンストン・スミスは、真理省記録局で歴史の改竄に従事していた。彼は奔放な美女ジュリアとの出会いを契機に、伝説的な裏切り者による反政府地下活動に惹かれるようになる。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/02/17
    連載誌/レーベル
    ハヤカワSF・ミステリebookセレクション
    出版社
    早川書房
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4.1
    440
    5
    178
    4
    166
    3
    77
    2
    16
    1
    3
    レビュー投稿
    • 2020/05/06Posted by ブクログ

      英国の作家ジョージオーウェルが1984年の共産主義国をイメージして書いたSF小説。
      これが出版されたのはWWⅡ直後。資本主義と社会主義の対立構造が明確化され、朝鮮戦争へと流れ込む直前のこと。それにして...

      続きを読む
    • 2019/07/16Posted by ブクログ

      本書はディストピア小説の古典的傑作として名高く、いま巷に出回っているディストピア小説の基礎を作った様な小説だ。ジョージ・オーウェルのもう一冊の傑作『動物農場』と同じように、本書も人々が全体主義社会に飲...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/12/27Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード