【最新刊】目に見える世界は幻想か?~物理学の思考法~

目に見える世界は幻想か?~物理学の思考法~

1冊

松原隆彦

858円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    現代の物理学は、人間の思考を根底から支配している常識を捨て去ることで進展してきた。人間の見た目通りの世界は、本当の世界の姿なのか。人間の存在は、その物理的世界の中でどのような位置を占めているのか。近代物理学の誕生の経緯、そして物理学に大きな革命をもたらした量子論と相対論の成り立ちを概観。物理学とは、常識に対する挑戦である――。日々の生活のヒントにもなる、数式・図表を用いない物理学の入門書。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/02/17
    連載誌/レーベル
    光文社新書
    出版社
    光文社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    4
    8
    5
    3
    4
    2
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/25Posted by ブクログ

      松原先生の本は2作目だが、説明がうまくて面白い。
      物理学の発展を俯瞰的にざっと説明した内容だが、今一度復習するのにちょうど良い

    • ネタバレ
      2018/07/22Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/05/16Posted by ブクログ

      物理学という学問に縁のなかった人に向けて書いたという入門書です。できるだけ数式を排し、言葉だけで表現することを心がけて下さっています。

      著書は、そもそもの物理学の目的から、時代とともに変わっていく各...

      続きを読む
    開く

    セーフモード