春となりを待つきみへ

沖田円

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    瑚春は、幼い頃からいつも一緒で大切な存在だった双子の弟・春霞を、5年前に事故で亡くしていた。その春霞の死から立ち直れず、苦しい日々を過ごす瑚春の目の前に、ある日突然、冬眞という謎の男が現れ、そのまま瑚春の部屋に住み着いてしまう。得体の知れない存在ながら、柔らかな雰囲気を放ち、不思議と気持ちを和ませてくれる冬眞に、瑚春は次第に心を許していく。しかし、やがて冬眞こそが瑚春と春霞とを繋ぐ“宿命の存在”だと知ることに――。

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/01/10Posted by ブクログ

      旧題「ガーネット」。
      このお話が本になり手に取れることをとても幸せに思った。

      双子って不思議だな。設定がほかにありそうでも、沖田カラーで染め上げていくのは見事。ただ涙が出て、ただ綺麗で優しいだけじゃ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/04/22Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2019/12/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード