【最新刊】晴れたら空に骨まいて

晴れたら空に骨まいて

1冊

著:川内有緒

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大切な人への想いをのせて、白い粉はふわりと舞いあがり、青い空へと吸い込まれた―― セーヌ川にかかる橋、南国の「珊瑚の海」、ヒマラヤの麓など、思い出の地での散骨をはじめ、愛する故人を想いながら、軽やかに生き続ける5組の家族や友人たち。 新田次郎文学賞受賞の注目作家が、深いまなざしで「生と死」をユーモラスに綴る、傑作ノンフィクション。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/02/17
    出版社
    ポプラ社
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    4.3
    6
    5
    2
    4
    4
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/23Posted by ブクログ

      川内有緒さんのあたたかい文体で、それぞれ5人の方の物語と死への向き合い方が書いてあった。2組の夫婦の出会い方がまるで小説みたいで、こんな風に出会ってみたいと思った。

    • 2017/08/19Posted by ブクログ

      死に方は生き方でもあるし、生きることは死に一歩一歩向かうことだなと。自分や近しい人の生き方死に方を含めた人生を考えさせられる。そして最後の死んだ人が重なるという感覚はわかるような気がする。ふとした瞬間...

      続きを読む
    • 2017/06/21Posted by ブクログ

      川内有緒さんの文章って、ほんとにいいなあと思う。力みがなく、いつも爽やかな風が吹いているような感じだ。本書は、大切な家族や友人を失い、その見送り方として「散骨」を選んだ人たちに取材したもの。著者自身も...

      続きを読む
    開く

    セーフモード