プリンセスの愁い 【ハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版】【三つのティアラ III】

ルーシー・モンロー 翻訳:青海まこ

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    テレーザは心と体の痛みに耐えていた――皇太子妃として。王位継承者に嫁いだ以上、愛よりも義務が優先するのは仕方のないこと。けれど、テレーザは夫に愛されたかった。おまけに子宮の病を発症した今、襲いくる痛みとともに、王家の跡継ぎを産めない可能性もが彼女を苦しめた。夫のプリンス・クラウディオには内緒にしているため、最近ふたりの気持ちは、何かとすれちがう。体の痛みから愛の行為に消極的な妻テレーザに対して、愛人ができたのでは、とクラウディオが疑いを持つほどに! ■架空の国のプリンスをめぐって繰り広げられるロマンチックな3部作〈三つのティアラ〉もいよいよ最終話です。今作のヒーローは長兄。王位継承者だけあって彼の苦悩は深く……。*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン・プレゼンツ作家シリーズ別冊版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード