【最新刊】ファンタジーが生まれるとき-『魔女の宅急便』とわたし

ファンタジーが生まれるとき-『魔女の宅急便』とわたし

角野栄子著

814円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「想像力」,それは人であればだれでも持っている魔法だ.ご存じ『魔女の宅急便』の作者が,幼いころからの体験と重ねながら,みずからの童話作家としての歩みと創作のひみつを語ります.水平線という一本の線の魔法,主人公の名前のちから,物語のとびらが開く瞬間のこと…….あなたのすぐ隣にある不思議に気づかせてくれます.

    続きを読む
    提供開始日
    2017/02/16
    連載誌/レーベル
    岩波ジュニア新書

    レビュー

    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      幼い頃の感覚や思い出をとても大切にされている方で、
      大人になるにつれ忘れてしまうことを思い出させてもらいました。

      私も角野さんと同じく、 いつもワクワクと「扉」を待ち望んでいて、 あの角を曲がれ...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      壁族、柱族の分類がおもしろい

      魔女も歴史の被害者であって
      なりたちは女性と自然が近いものだったから、というのも興味深い
      なにも壁は進撃の世界だけのものでなくてw 昔のヨーロッパの町は城壁に囲まれて、...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      下の子が、角野栄子さんのアッチやソッチが大好きで、この前、角野栄子さんにお目にかかれて、ステキな方だなーと感じ、上の子がこの本を手に取り、私も1日で読了しました。物語は始まる前にもう主人公のベースが心...

      続きを読む
    開く

    セーフモード