【最新刊】数学をいかに教えるか

数学をいかに使うか

お得

志村五郎

935円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日米両国で長年教えてきた著者が日本の教育を斬る。掛け算の順序、悪い証明と間違えやすい公式のことから外国語の教え方まで。文庫オリジナル書き下ろし第4巻。

    続きを読む
    ページ数
    146ページ
    提供開始日
    2017/02/10
    連載誌/レーベル
    ちくま学芸文庫
    出版社
    筑摩書房
    ジャンル
    学術・学芸
    • 数学をいかに使うか 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      数学をいかに使うか 全 4 巻

      3,459円(税込)
      34pt獲得

    レビュー

    • 2019/04/19Posted by ブクログ

      数学において、二つの分類がある。それは、「はじまりの数学」と「おわりの数学」である。志村五郎さんは完全に「はじまりの数学」が好きであるようである。有限単純群の分類やパンルヴェ方程式の分類やエキゾチック...

      続きを読む
    • 数学をいかに使うか2014/11/08Posted by ブクログ

      Hermite行列、四元数、楕円関数、Lebesgue積分など、数学科の人間以外はあまり学ばないことや、講義では省略されがちなことを中心に話を展開していく。Riemann積分が可能となる条件のような、...

      続きを読む
    • 2014/11/08Posted by ブクログ

      教科書や大衆向けの数学本では知ることのできない、数学の分野同士のつながりや応用を知ることができる本だと思います。

    開く

    セーフモード