小学館ジュニア文庫 井伊直虎 ~民を守った女城主~

時海結以(著)/五浦マリ(イラスト)

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    戦国時代、男として生きた女城主の物語! 時は戦国、遠江国・井伊谷城の主である井伊一族は危機に立たされていた。 跡継ぎの男子が戦や陰謀により次々といなくなり、後に残ったのは姫一人。ついにお家断絶かと思われたその時、姫は女の名を捨て、男として当主になることを決意した…。 おそいくる困難の中、曾祖父を、父を、愛する人を失いながらも立ち上がり、女城主として一族と領地の民を守った井伊直虎。 そして、その直虎に育てられ、才能と努力で、ついには徳川家康の有力な家臣として、天下に「井伊の赤鬼」の名をとどろかせた井伊直政。 大河ドラマで話題の2人の生涯を描いた、ドラマチックストーリー!※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント
    • 《私-図書館》井伊直虎と直政の二人の井伊家の城主の物語。強い武将に囲まれたら、弱い武将は不利ですね。

    • 子どもが図書館から借りてきたので、読んでみた。なぜ直虎を名乗ることになったのかはどうにかわかった。同じような名前がたくさん出てくるので、関係図を見ながらも大混乱。歴史、難しい。半分以上は直政のお話です...

      続きを読む

    セーフモード