【最新刊】戦争と読書 水木しげる出征前手記

戦争と読書 水木しげる出征前手記

1冊

著者:水木しげる 著者:荒俣宏

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    水木しげるが徴兵される直前、人生の一大事に臨んで綴った「覚悟の表明」たる手記。そこから浮かびあがるのは、これまで見たことがない懊悩する水木しげるの姿。太平洋戦争下の若者の苦悩と絶望、そして救いとは。【目次】第1章 水木しげる出征前手記新発見された水木しげるの出征前手記を、できるだけ原本に忠実なまま完全収録。第2章 青春と戦争――水木しげる出征前手記の背景荒俣宏による縦横無尽の解読解題により、知的な芸術家志望の若者だった水木しげるの、思想と実像が浮かび上がる。戦時下の若者の絶望と救いが読み解かれる。第3章 水木しげるの戦中書簡全て書籍初収録の貴重な書簡集。特に復員後、母へと宛てた手紙からは、出征前と復員後でぶれない水木しげるの思想哲学が読みとれる。第4章 年表 水木しげると社会情勢

    続きを読む
    提供開始日
    2017/02/10
    連載誌/レーベル
    角川新書

    レビュー

    3.6
    6
    5
    1
    4
    3
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/09Posted by ブクログ

      新約聖書やゲーテまで読んでちゃんとものにしている水木先生の哲学的な思索に感心し、私にとっての水木先生の印象もガラリと変わった。(文章は主に荒俣宏さんのもの)

    • 2017/05/07Posted by ブクログ

      まとまりがなくて面白い。
      人の日記を覗き見するような楽しさがある。
      手記から滲む当時の時代の雰囲気もよい。
      後に名を上げる作家の無名のころの手記ってのもまた面白い。

    • 2016/10/06Posted by ブクログ

      その飄々としたお人柄に加えて""両親が心配して一年遅らせて小学校に入れた""などのエピソードから想像しがちなのんびりした少年時代、でもそれは水木サン一流の照れ隠しであり実の姿は凄まじい天才少年であった...

      続きを読む
    開く

    セーフモード