日・米・中 IoT最終戦争―日本はセンサーとロボットで勝つ

著:泉谷渉

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ソニー、東芝は大復活する!IoT時代、センサー、ロボット、半導体市場の大爆発で、「ものづくり日本」に猛烈な追い風が吹く!急成長する巨大市場をめぐる激烈バトルの行方は?人工知能(AI)や次世代自動車をめぐる世界覇権競争の最新動向 IoT革命によって生み出される新たな市場は、少なく見積もっても360兆円はあるといわれており、エネルギーの1300兆円、医療の560兆円に次ぐとんでもない新市場が形成されることになる。このIoT革命をめぐって世界の企業は、それこそ死に物狂いでその体制を整えつつある。 IoTの上流を形成する人工知能(AI)、ハイエンドサーバー、各種のITサービス、自動走行などの車載IoTについては米国がぶっちぎりで疾走しており、これからもその地歩を固めていくだろう。また、中国は今や一般的家電製品については世界チャンピオンであり、太陽電池、液晶などの電子デバイスにおいてもひときわ存在感を放ち始めた。 こうした米中激突のはざまの中で我が国ニッポンはどう戦っていくのか。今回の本は、日米中が激突する世界IoT革命の中で日本企業がモノづくりの強みを活かし、センサー、ロボット、半導体メモリーなどで一気に抜け出していく、というストーリーを最新取材でまとめあげたものである。(「はじめに」より抜粋)

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/07/06Posted by ブクログ

      日本の製造業は、IoTが進行する中でセンサーとロボットで圧倒的な世界トップのシェアを維持するらしい。そうなればいいと思う。

    • 2019/06/12Posted by ブクログ

      各国、地域のIoTに向けての戦略や状況を解説していて引き込まれる。
      技術への探求、M&A、各国の得意分野への戦略など、お国時事情も絡んでいるため、一筋縄ではいかないのも確か。
      気になったのは、著者の日...

      続きを読む
    • 2017/04/21Posted by ブクログ

      IoTが産業にイノベーションを起こす。日本はセンサーとロボットで高いシェアを占めているので好業績が期待できるという主張。
      東芝はフラッシュメモリーで復活するということで、買収は日本政府が情報流出を恐れ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード