日本人と地獄

石田瑞麿

1,045円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    古代インドに発祥する「地獄」は、この風土でどのような変容をとげたのか? 仏教典籍、『霊異記』、冥界めぐり譚、絵草紙、和歌・川柳や能・狂言などを広く渉猟して、地獄の構造とイメージを読み解く。また、火山・温泉や飢饉・災害など、現世にある地獄を史料に探る。天上の極楽浄土の対極には、地下の恐怖世界が広がっている。読む「地獄事典」です。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/15Posted by ブクログ

      第1章 地獄概念のあけぼの
      第2章 『往生要集』の成立とその後
      第3章 堕獄の人
      第4章 冥界に行ってきた人
      第5章 地獄絵
      第6章 この世の地獄―辺地獄(孤地獄)
      第7章 地獄と文芸

    • 2013/02/06Posted by ブクログ

      まさに地獄大辞典。引用が多くて、あまり著者の論文って感じではないです。

      時代が下るにつれて、堕獄の理由も様々になって面白かった。
      珍しいらしいけど、検非違使が地獄行きになるっていう言及とか。法学部な...

      続きを読む

    セーフモード