【最新刊】日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだ

日・米・独――10年後に生き残っている国はどこだ

1冊

著:高山正之 著:川口マーン惠美

935円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    日本は世界をリードできるか?日・米・独の現状を分析し、未来を占う!アメリカ、ドイツ、そして日本……。10年後に世界をリードする地位にいるのはどの国か。また、2流国、3流国へと没落してしまうのはどの国か―。「歴史」「政治」「経済」「マスコミ」「移民問題」など、3国が抱える問題と今後の展望を、日・米・独を知り尽くした二人の論客が語りつくす。日本人必読の一冊! ● 19世紀から、ドイツとアメリカは日本を敵視していた● 善良なドイツ人の「贖罪意識」と「差別意識」● 終戦直後の日本は、明るくて、たくましかった―● 「資源大国・アメリカ」の底力● ドイツはまだ「脱原発」していない!● 民主党政権に甘い。アメリカのマスコミ● 諸悪の根源は、やはり「朝日新聞」だ● 深刻なドイツの移民問題 etc.【目次より】序章【白人対非白人」】中東情勢が米・独・日の未来を左右する第1章【歴史編】世界大戦以前から、欧米に敵視されていた日本第2章【政治編】バラク・オバマ、アンゲラ・メルケル、安倍晋三―歴史に名を残すのは誰か第3章【経済編】“安い労働力”で成り立つ「奴隷経済」の終焉第4章【マスメディア編】アメリカとドイツのジャーナリズムも“朝日新聞化”している!?第5章【移民問題編】「グローバリズム」と「ナショナリズム」の時代へ

    続きを読む
    提供開始日
    2017/01/27

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/11/24Posted by ブクログ

      国際政治を語るとき、とかく日本からの視点のみでの論理を展開し語られる書物が多い中、本書は第三国から日本がどのようにみられているのかも語られている。
      こうした本を定期的に読むことが国際人として活動するに...

      続きを読む

    セーフモード