【完結済み】ニンジャスレイヤー殺 1巻

ニンジャスレイヤー殺

完結

原作:ブラッドレー・ボンド 原作:フィリップ・N・モーゼズ 原作翻訳・漫画版監修:本兌有 原作翻訳・漫画版監修:杉ライカ 漫画:関根光太郎

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

サイバネティクス、電子ネットワークが過剰に発展してもなお誰もが地を這うように生きる時代、ネオサイタマで一人の赤黒き復讐者が生まれた。その名はニンジャを殺す者・ニンジャスレイヤー!! ブラッドレー・ボンドとフィリップ・N・モーゼズによるサイバーパンクニンジャ小説を少年漫画めいたアトモスフィアで描いたコミカライズの幕が、いま上がる!!

続きを読む
ページ数
202ページ
提供開始日
2017/04/07
連載誌/レーベル
月刊少年シリウス
出版社
講談社
ジャンル
少年マンガ
  • ニンジャスレイヤー殺 全 5 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    ニンジャスレイヤー殺 全 5 巻

    3,300円(税込)
    33pt獲得

レビュー

  • 2015/01/16Posted by ブクログ

    ほぼ物理書籍版1巻に合わせてかつwasshoiしたアレンジメントというスゴイワザマエ。なに、ニンジャ展開はこれだけじゃない?ヨロコンデーーッッ

  • 2014/11/01Posted by ブクログ

    とにかく小道具や背景描写の緻密さカッコ良さが白眉。小説の持たない「絵の力」を痛感する。「少年漫画」と謳うにしても全編ほぼ殺し合いで〈ニンジャが出て殺す〉を地で行く殺伐さだけど、しかし原作初期の空気感の...

    続きを読む
  • 2016/09/23Posted by ブクログ

    まだ未熟なニンジャスレイヤーの不安定なダークヒーローぶりが格好いい。ユカノの健康的セクシーさは眼福だが読む目が泳ぐ気も。敵ニンジャデザインの達者さはますます伸び伸びとして1コマ1コマ麗しい。

開く

セーフモード