【最新刊】週末カミング

週末カミング

1冊

著者:柴崎友香

748円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    30代で独身、恋愛、結婚に縁がなく、平日は生活のためにひたすら働いている女たちの何気ない日常がこまやかな感性とともに描かれている。だからこそ、週末のどこかへの旅が特別になる。ひょんな事故から乗り合わせることになったドライブ――日常からふっと「週末」ぐらいの距離感で抜け出したその先にあるもの――。「一瞬一瞬が奇跡的。その懐の深さが、私は泣きたくなるくらい好きだ」瀧井朝世(ライター)さんが本書の解説に寄稿。芥川賞作家が見つめる、見慣れたはずの風景が違って感じられる8つの物語。「野性時代」「デジタル野性時代」に掲載した短編に、「モンキービジネス」に掲載、英語版にも載っている「海沿いの道」、「わたしがいなかった街で」につながる「ハルツームにわたしはない」も収録した全8篇。どれも週末にまつわる話です。(著者オフィシャルサイトより)

    続きを読む
    提供開始日
    2017/01/25
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.2
    15
    5
    2
    4
    4
    3
    7
    2
    0
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2019/08/23Posted by ブクログ

      どの話もこれと言って何か特別なことが起こるでもなく、それぞれのある週末が書かれている。たんたんとした書き方に全体を通して一貫性があり、登場人物の会話にはなんだか親近感が湧いた。自分の周りにいそうな登場...

      続きを読む
    • 2019/05/02Posted by ブクログ

      普通の女性の週末をめぐる短編集。
      登場するのは普通といいながらも実は個性的な考え方の素直な女性ばかりでしたが、柴崎さんらしい瑞々しさがやや欠けていた印象です。

    • 2019/01/31Posted by ブクログ

      8つの週末を体験したような気分になりました。人生一度きりだからこそ、自分以外の人生を垣間見た気がして、楽しく読ませていただきました。

    開く

    セーフモード