【最新刊】影の斜塔 警視庁文書捜査官

警視庁文書捜査官
5冊

著者:麻見和史

734円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

ある殺人事件に関わる男の行方と所有する文書を入手せよ――。文書解読班の班長、鳴海理沙の元へ、機密命令が下された。手掛かりは1件の目撃情報のみ。班解散の危機と聞き、理沙は全力で事件解明に挑む!

続きを読む

レビュー

3.4
28
5
1
4
13
3
12
2
2
1
0
レビュー投稿
  • 2019/07/08Posted by ブクログ

    7月-8。3.0点。
    文書捜査官シリーズ。
    老人が自宅で絞殺される。捜査に加わるチーム。
    遺体のそばには、殺人計画と思われるメモ。3件記入あり。
    防げるのか。

    サラッと読める。チームのキャラが立って...

    続きを読む
  • 2019/06/30Posted by ブクログ

    右手首のない遺体が発見された。現場に残されたのは、レシート裏のメモと不可解なアルファベットカード。「捜査一課文書解読班」班長で極度の文字マニア、鳴海理沙警部補に、出動要請が下る。遺留品のメモから身許を...

    続きを読む
  • 2019/06/29Posted by ブクログ

    文書捜査シリーズのシリーズ前の話。(分かり辛い)
    捜査官になるに至ったきっかけの事件。
    下請け孫請けは辛いよという。どの業界でもある話なんだけれどソフトウェアやITの世界では小説よりももっと過酷なこと...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード