【最新刊】夢十夜

夢十夜

近藤ようこ漫画/夏目漱石原作

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

※この電子書籍は「固定レイアウト型」で作成されており,タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています.また,文字だけを拡大すること,文字列のハイライト,検索,辞書の参照,引用などの機能は使用できません.死んでしまった美しい女との百年後の邂逅,逃れられない前世の因縁,明治の世に運慶が現れる不思議,自殺を試みた瞬間に味わう激しい後悔,断崖絶壁で夥しい数の豚に追い詰められる恐怖…….漱石の内面の孤独が色濃くにじみ,曰く言い難い十の夢が語られる珠玉の小品『夢十夜』を,名手近藤ようこが漫画に描く.

続きを読む
ページ数
154ページ
提供開始日
2017/01/26
出版社
岩波書店
ジャンル
青年マンガ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.6
5
5
0
4
3
3
2
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2017/01/30Posted by ブクログ

    夏目漱石の「夢十夜」を近藤ようこが漫画化。夢十夜みたいなとりとめなくぼんやりした作品は、近藤ようこの画風によく合う。前作の「死者の書」ほどの大作感はないけれど雰囲気があってよかった。
    7

  • 2017/10/14Posted by ブクログ

    文章から自分が湧いたイメージと近い
    一こま目の帽子を手に取るところからのアングルの始まり方。
    三話の体に渦巻く魑魅魍魎の表現
    七話の臨場感。
    予想以上

  • 2019/02/23Posted by ブクログ

     漱石の、という先入観は捨てたほうがいい。近藤ようこの「夢」のかたち。この頼りない、線描が好きになったらやめられませんね。

開く

セーフモード