佐藤愛子の役に立たない人生相談

著:佐藤愛子

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人生の波瀾万丈を乗り越えてきた92歳の現役作家が、若者から中高年まで、あらゆる世代の悩みに答えます! 1969年『戦いすんで日が暮れて』で直木賞を受賞されて以来、ずっと第一線で活躍してきた佐藤愛子さんは、二度の結婚と離婚、夫の会社の倒産と莫大な借金など、数々の人生の災厄を乗り越えてきたスーパーウーマンとしても知られています。 本書は、そんな佐藤さんに、後輩世代の20代~70代の男女が、仕事、恋愛、結婚、家族、人間関係、社会のあり方など、さまざまな人生の悩みを相談し、叱咤激励をいただくという人生問答集。 厳しくも温かい言葉の数々、人間への深い考察とユーモアにあふれた回答は、愉快痛快、読みごたえたっぷり、どんな悩みもたちまち吹き飛ぶ一冊です!

    続きを読む

    レビュー

    4.1
    8
    5
    3
    4
    3
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/08/12Posted by ブクログ

      言葉に選び方が素晴らしく、読んでいてスッキリします。
      今までの積み重ねがあってこその迫力で、他の人が同じことを書いても(言っても)、この説得力は出ません。
      佐藤さんのファンだった祖母の生前に是非読ませ...

      続きを読む
    • 2017/11/11Posted by ブクログ

      タイトルだけで予想はつくけど、相変わらずスカッとする佐藤愛子さんの本。
      作家になるにはどうしたらいいですか?って人に遠藤周作さんも激おこだったとか。
      面白かったデス。

    • 2017/05/16Posted by ブクログ

      ☆4.26?くらい
      純粋に相談相手の役に立とうとする回答ではなく、持論を出してきているところがいいと思った。

    開く

    セーフモード