【完結済み】人狼城の恐怖 第一部ドイツ編

人狼城の恐怖

完結

二階堂黎人

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「本格ミステリ・ベスト10」(1999年版)をはじめ、あらゆるミステリ・ベスト10を総なめした本格ミステリの金字塔。独仏国境の険しい渓谷の上に屹立する双子の古城・人狼城に招かれた10人の客に用意されていたのは、凄惨な殺しの宴だった。謎と伝説に彩られた古城に隠された秘密とは何か? 全4部、4千枚を超える本格推理小説の大傑作。※「第1部」「第2部」はどちらからでもお読みいただけます。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/01/20
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • 人狼城の恐怖 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      人狼城の恐怖 全 4 巻

      3,300円(税込)
      33pt獲得

    レビュー

    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      二階堂黎人描く、超長編ミステリィである。
      ドイツ編、フランス編、探偵編、完結編と4部構成で続くのであるが、全ての巻が600ページを超え、総量約2400ページという超ボリューミーなシリーズである。シリ...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      二階堂蘭子シリーズ

      アルザス独立サロンの理事ゼルディ氏の殺害事件。地方検事テセルと再開したローラント・ゲルケン。サロモン警部から聞かされたナチスの星気体の秘密。人狼城を訪れたガイヤール氏とデルマール...

      続きを読む
    • 2020/07/08Posted by ブクログ

      二階堂蘭子シリーズ

      フォン・フェスト製薬の企画で「人狼城」に招待された一行。テオドール・レーゼ、フェルラーグド教授、ジャンヌ・ゼーハイム、コネゲン夫妻など10人。招待者の伯爵の不在。壊れた橋。殺害さ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード