【最新刊】総理の夫

総理の夫

1冊

原田マハ

632円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    20××年、相馬凛子(そうま・りんこ)は42歳の若さで第111代総理大臣に選出された。鳥類学者の夫・日和(ひより)は、「ファースト・ジェントルマン」として妻を支えることを決意。妻の奮闘の日々を、後世に遺すべく日記に綴る。税制、原発、社会福祉。混迷の状況下、相馬内閣は高く支持されるが、陰謀を企てる者が現れ……。凛子の理想は実現するのか!? 痛快&感動の政界エンターテインメント!「凛子のようにしなやかでピュアな女性政治家が、世界を変えることができるのかもしれません」(安倍昭恵氏、解説より)

    続きを読む
    提供開始日
    2017/01/27
    連載誌/レーベル
    実業之日本社文庫
    出版社
    実業之日本社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.8
    131
    5
    29
    4
    61
    3
    37
    2
    4
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/22Posted by ブクログ

      2020.3.22
      前半は旦那さんの気持ちが痛いほど分かって苦しかったなぁ。刀を鞘から常に抜いてるような人とよくもまぁ一緒にいれるもんだと。
      最後まで読んだら総理の人間らしさも分かって、納得ってなるの...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/03/21Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/02/18Posted by ブクログ

      ほんわか鳥類学者と才色兼備の初の女性総理大臣カップル。穏やかで知性あふれるところもちょっと笑えるところも好きだけど、日本の社会問題を浮き彫りにされたこのテーマが何よりも興味深かった。現実はそんなに甘く...

      続きを読む
    開く

    セーフモード