【最新刊】東京の敵

東京の敵

1冊

著者:猪瀬直樹

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    噴出する都政の問題。五輪は無事開催できるのか。新都知事は何と戦うべきなのか。副知事、そして都知事として長年都政に携わった作家が、東京という都市の特質を改めて描きつつ、現在の問題の本質を浮き彫りにする。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/01/20
    連載誌/レーベル
    角川新書
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    3.6
    5
    5
    0
    4
    4
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/21Posted by ブクログ

      東京都政について、元都知事の猪瀬直樹が書いた一冊。

      プロの作家だけあって、何が問題かがわかりやすく描かれていた。

    • 2017/12/07Posted by ブクログ

      やっぱり猪瀬直樹はいい。もう感想も書くまでもないのだけど、一応は感想を書いておくと「猪瀬直樹でした」で終わらせろ。

    • ネタバレ
      2017/10/03Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード