カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ!?

高城 剛

1,386円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【高城剛が現地徹底取材! 世界の最新IR(統合型リゾート)&カジノ最新事情】●超党派の議員により、国会での法案審議に向けて動き始めたIR推進法案。カジノは本当に、2020年東京オリンピック以降の日本経済を支える切り札となるのでしょうか? ●そのカギを握るのは、単なるカジノではなく、IR=統合型リゾートと呼ばれる、カジノとホテルはもちろん、国際会議場や展示会場、劇場なども兼ね備えた、巨大コンベンションも開催可能な施設を実現すること。●しかし現在の日本で、カジノとIRの違いを理解している人は決して多くありません。●シンガポール、マカオ、マニラ、フランス、アメリカ……本書は、著者・高城剛が世界各国のカジノとIRの最新事情を、現地に赴いて詳細に取材したものです。●さまざまな成功例、失敗例が教えてくれるのは、今後、もし日本がIRを導入して世界から数多くの観光客を集めたいのであれば、まだどこにもないレベルの魅力的なIR施設を作っていくしかない、という現実でした。●IR施設導入に向けて、今後さらに議論が進んでいくであろう中、世界のカジノから日本は何を学び、何を生かすべきなのか、高城剛がズバリ、解き明かします!【目次】はじめに/第1章 なぜシンガポールは短期間で観光収入を3倍に増やせたのか?/第2章 マニラ急成長の秘密と、マカオ衰退の理由/第3章 世界一のカジノ国 フランス/第4章 90年代ラスベガスの成功と、近年のニューヨーク州のラスベガス化戦略/第5章 世界のカジノから日本は何を学び、何を生かすべきなのか?/おわりに

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/12/08Posted by ブクログ

      題材的には2016年12月の現在、とてもホットな話題だと思います。
      高城剛はドローンの本の時にも思いましたが、自分の足で取材しながら執筆している姿勢が高感度及び好感度が高いです。簡単に言うと信頼出来る...

      続きを読む
    • 2019/01/20Posted by ブクログ

      軽い印象を与えるタイトルよりもかなりしっかりした内容。シンガポール、ラスベガス、マカオ等の成功例、失敗例の紹介、分析がなされ、わかりやすい。IRをつくれば必ず成功するわけではなく、失敗する確率のほうが...

      続きを読む
    • 2016/12/17Posted by ブクログ

      日本のカジノ構想を見事にさらったのが、現在、IR事業において大いに成功しているシンガポールだ。2004年に3代目の首相となったリー・シェンロンの動きは実に早かった。就任直後にIR検討を表明し、翌年、I...

      続きを読む
    開く

    セーフモード