【最新刊】エコープラクシア 反響動作 下

エコープラクシア 反響動作

2冊

著:ピーター・ワッツ 訳:嶋田洋一

950円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    太陽系外縁で意識を持たない知的生命体と接触したのち消息を絶ったはずの宇宙船〈テーセウス〉から、謎のメッセージ通信を受け取っていたイカロス衛星網。太陽近傍のイカロスに向かった両球派と吸血鬼ヴァレリーの目的は、“小惑星群の天使”だというが……。超越知性たちの熾烈な生存戦略チェス・ゲームの攻防は、壮絶な終幕に至る。最後に盤上に残るのは何者か? 星雲賞など全世界7冠制覇、テッド・チャンも推薦する傑作『ブラインドサイト』の語られざる事実がついに明らかに。前作と本編をつなぐ予告編的短編「大佐」も特別収録。/解説=渡邊利道*本電子書籍には、単体として先行配信をいたしました、短編「大佐」(2016年12月22日配信開始)を収録しています。

    続きを読む
    提供開始日
    2017/01/28
    出版社
    東京創元社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.7
    4
    5
    1
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/25Posted by ブクログ

      著者による参考文献、解説(ネタバレ!)、用語集、下巻の「大佐」、本編という流れで読んでも、なにがなにやらわからないハードSF!ヴァンパイア恐るべし(笑

    • 2018/12/25Posted by ブクログ

      休暇とって砂漠で研究してたらゾンビに囲まれて逃げ込んだ先が怪しげな宗教施設。そこにヴァンパイア率いるゾンビ軍団襲来!気がつけば宗教団体の宇宙船に休戦状態?のヴァンパイア+ゾンビ軍団、軍人含め異性生命体...

      続きを読む
    • 2018/10/21Posted by ブクログ

      ピーター・ワッツ『エコープラクシア』。難解で冗長に感じられる長さなんだけど、よく読んだら伏線がけっこうある。好きになれないけど、たしかにすごい面白さと、思弁だった。

    開く

    セーフモード