蛇の王(上) ナーガ・ラージ

東郷隆

796円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    炎熱と騒乱に煙る19世紀中頃のインド。植民地支配の手が隅々まで伸びつつある彼の地を訪れたアイルランド人記者ダニエルは、秘密殺人結社「タグ」の首領に出会う。かつて“蛇の王(ナーガ・ラージ)”と呼ばれた老人が語った半生は、他民族を恐怖に陥れる血塗られた日々だった。インド史絵巻を壮大に描く傑作エンターテインメント!

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2013/02/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2011/10/25Posted by ブクログ

      19世紀インドの秘密殺人結社〈タグ〉最後の首領が語る物語。
      2005年集英社が講談社で文庫化。書店で見て気になった。
      発注なし。単行本は所蔵あり。

    セーフモード