花嫁はランの花に抱かれて(ベルベット文庫)

レノーラ・ベル/旦 紀子(訳)

1,242円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    貴族嫌いのアリスは、今まで求婚をうまくかわしてきたが、バリントン公爵の息子ニックとの結婚は避けられなかった。父が賭博の戦利品として娘の結婚を取り付けてきたからだ。サンスクリット語をたしなむアリスは、インドへ行ける機会や、ライフワークの『カーマスートラ』の翻訳に助けを得られるかもと望みを抱き、しぶしぶこの契約結婚を受け入れる。一方のニックにも思惑があって――!? 話題のレノーラ・ベル、待望の最新作!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード