新・ちいさいひと 青葉児童相談所物語 4巻

夾竹桃ジン シナリオ:水野光博 取材・企画協力:小宮純一

462円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

圧倒的反響の施設内虐待編スタート「信じられる大人なんて、いるわけないじゃん」親からの虐待などが原因で、児童養護施設「仁籠院」で暮らす3人の少女。少女たちは、施設内でも院長らの暴力に苦しんでいた。平穏な暮らしを取り戻すべく、勇気を振り絞って虐待を訴えた少女たちを待っていたのは…? この『施設内虐待編』は1990年代に、とある児童養護施設で起きた実際の事件を基に再構成しました。今回、当時の関係者に改めて取材を行った上で漫画化したものです。この巻では、第5話(全8話予定)まで掲載されています。

続きを読む
  • 新・ちいさいひと 青葉児童相談所物語 全 8 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    新・ちいさいひと 青葉児童相談所物語 全 8 巻

    3,696円(税込)
    36pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント
  • 今回のテーマは、「児童養護施設内の虐待」。読んでいて、非常に気分が悪い。でも、じゃあ施設内の職員が悪い、傷ついた子ども達にきちんとケアをと、唱えるのも何か違う。児童養護に限らず、介護や障がい福祉などの...

    続きを読む
  • 施設内虐待編。実際に起こっていたことを元に書かれているが、これは酷すぎる。

  • この巻と5巻で、一つの児童養護施設のお話になります。これが言葉に尽くせない、院長と職員による壮絶な虐待で、読むのをやめようと何度も思った程です。もっと恐ろしいことに事実を元にした話ということで、当事者...

    続きを読む
  • 「施設内虐待編」スタート。「あとがき」にあるように「こんなひどい施設も昔はあった」。有名な「恩寵園事件」だ。この「あとがき」の記述に共感した。<残念ながら現在の規定では「第三者による検証」「検証結果の...

    続きを読む
  • ★★★★

セーフモード