あきらめる練習

あきらめる練習

名取芳彦

864円(税込)
ポイント 8pt

新年最初に読みたい心が晴れる1冊。「諦める」はネガティブワードではありません!自分の人生を前向きに「諦める」ことで心の重荷を軽くし、人生を好転させる――ベストセラー『般若心経、心の大そうじ』のほうげん和尚が易しく生き方指南私たちは普通、苦しいことや悩み事があっても他人は気づかれないようにします。人に知られぬうちに解決しようと、口数も少なくなり、精気さえなくなります。自分と言う小さなカラに閉じこもったヤドカリのようなものです。苦しみや悩みがある場合、私たちは早くそれを解決しようとしがちですが、実はその前に「自分はいま苦しみ、悩んでいるのだな」という心の奥をハッキリさせること――自分を「明らか」にすることがとても大切です。問題解決の方法よりも、その状況にある“ありのままの自分”を認めることで、ずっと心が軽くなるものです。日本語で、あることをしっかり見極めてそれを明らかにすることを「諦める」と言います。望みを捨てる・断念するという意味だけで「諦める」という言葉を使いがちですが、その前提として、たとえ望みを捨てるにせよ「今の自分には本当に無理なのか」ということをしっかり「明らか」にしないと諦めることはできないのです。夜の町が、日の出とともに明るく照らされて、町の全貌が「こういう街並みなのだな」と明らかになるように、“ありのままの自分”――主人公であり、素晴らしいものを内蔵している(仏の種を宿している)自分――を明らかにする智慧を磨いてみましょう。そうすれば人生と言う舞台で、軽々と望みを捨てたり断念したりせずに、自分が主人公だと「諦めて」、しっかり生きていけます。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

セーフモード