うれしい悲鳴をあげてくれ

いしわたり淳治

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    作詞家、音楽プロデューサーとして活躍する著者の小説&エッセイ集。彼が日常に「言葉」を紡ぐと「物語」が生まれる。そこには誰をも魅了する、堪えきれない笑いがあり、ゾクッとする恐怖があり、腑に落ち過ぎるくらいのオチがあり、最後は世界の真理を言い当てられたような不思議な気分にさせてくれる。「言葉」の持つエンターテイメントの可能性を開く1冊。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2017/07/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/01/24Posted by ブクログ

      SUPERCARの歌詞が好きだったので、気になって手に取ったのがきっかけ。
      私は、いしわたり淳治さんの不思議な世界観や魅力にすぐにハマってしまいました。

      小説とエッセイの短編集。
      しかしながら、エッ...

      続きを読む
    • 2015/02/22Posted by ブクログ

      SFの短編小説。
      めちゃめちゃ好き。
      筆者の考えもストレートに述べられてるために分かりやすい。

      かっこ良くないものをカッコ良く喋れる人が1番かっこいい。
      コンビニも携帯も失くして、人々の淋しさを喚起...

      続きを読む
    開く

    セーフモード