2時間でざっくりつかむ! 中小企業の「人事・賃金制度」はじめに読む本

著:堀之内克彦

1,815円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。中小企業の社長さんにとっての最重要課題は、今も昔も「人・物・金」の3つ。このうちの「人」を最大限に有効活用するには、人事制度や賃金制度の設計が鍵をにぎります。人手不足の売り手市場になった現在、これらの制度を見直して、働く人にとっても、同時に経営側にとっても、ウィン・ウィンとなる制度設計が求められるようになっています。2時間程度で、これまでの日本における人事・賃金制度の流れがざっくりとつかめると同時に、今後の人事・賃金制度改革の勘どころがわかるようになる1冊です!

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2019/09/15Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/10/25Posted by ブクログ

      経営理念を実現するための人事制度。
      給料は業績ではなく、行動によって評価をするという考え方。
      行動であれば結果に左右されないので、1つの方法として良いと思った。

    セーフモード