【最新刊】龍帥の翼 史記・留侯世家異伝 13巻

龍帥の翼 史記・留侯世家異伝

13冊

川原正敏

453円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

『修羅の門』『修羅の刻』『海皇紀』‥稀代のストーリーテラー川原正敏最新作は、紀元前中国が舞台。秦末の動乱期に覇を争った項羽、そして劉邦の生きざまを描き出す歴史絵巻。主役には天才軍師・張良を据え、偉丈夫達の興亡を紡ぎだす! 秦滅亡を迎え、項羽の統べる世が訪れる。劉邦軍は”鴻門の会”の危機を脱するも、険しき道に立たされてします‥‥この窮地に「国士無双」韓信が動き出し、張良も”龍”を再起させるため立ち上がる! 今再び激動の時代が始まろうとしていた!!

続きを読む
ページ数
211ページ
提供開始日
2019/08/16
連載誌/レーベル
月刊少年マガジン
出版社
講談社
ジャンル
少年マンガ
  • 龍帥の翼 史記・留侯世家異伝 全 13 巻

    未購入巻をまとめて購入

    龍帥の翼 史記・留侯世家異伝 全 13 巻

    5,889円(税込)
    58pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.6
13
5
1
4
6
3
6
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/09/03Posted by ブクログ

    秦の滅亡。虞美人登場。項羽戴冠。劉邦漢中へ。韓信参戦。桟道を焼く。韓王成の死。
    最終決戦への幕が上がりました。
    というには性急すぎるかな。

    虞美人は黄石だと思っていた予想がここで外れる。項羽の理解者...

    続きを読む
  • 2019/04/22Posted by ブクログ

    さあ「鴻門の会」です。
    ここで、劉邦の命を取らなかったことが、後の四面楚歌の窮状へなってゆくわけですが、それをこの時点でおぼろげにでも予想しているのは、范増一人だけか。

    「鴻門の会」といえば、范増の...

    続きを読む
  • 2019/02/21Posted by ブクログ

    秦滅亡。函谷関封鎖。そして鴻門の会へ。
    そこに至るまでのドラマはあるのだけれど、とにかく「項羽と劉邦」の一大イベントへの期待が高まりたかぶる11巻。

開く

セーフモード