聖エセルドレダ女学院の殺人

著:ジュリー・ベリー 訳:神林美和

1,119円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    聖エセルドレダ女学院は、12歳以上の少女7人が在籍し、淑女にふさわしい教養を学ぶ小規模な寄宿学校。ところが、ある日夕食の席で校長先生とその弟が突然息絶えてしまう。それぞれの事情から家族のもとへ帰されるのを恐れた生徒たちは、死体を埋め、事実を隠して学校生活を続けることにする。翌日、科学の得意なルイーズの分析で、ふたりは毒殺されたと判明。なぜ、誰に殺されたのか? 気転、演技力、社交性、推理力。生徒たちは得意分野を活かして大人をあざむきながら犯人を探り始めるが……。個性豊かな少女たちが一致団結して謎に挑む!/解説=大矢博子

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(8件)
    • 2018/04/29
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 2017/02/18

      時は1890年のイングランド。舞台はケンブリッジシャー州の小さな町イーリーにある小さなフィニッシング・スクール(中上流階層の家庭の女の子が一人前のレディとしてのあらゆる教養やマナー、振る舞いを学ぶ全寮...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2017/03/16

      ブクログさんから、献本で頂きました。

      この書籍、本国では児童図書となっているそうですが、大人が読んでも充分楽しめました。
      ただ、大人が読むと、物語の前半で犯人の目星はついてしまうかな?

      個性的で魅...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード