古代研究V 国文学篇1

著者:折口信夫

809円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    時を定めて海のあなたから来臨する神「まれびと」の聖なる言葉である「呪言」に、日本文学の発生をみた折口。そのアプローチは、「民俗学的国文学研究」として、新たな道を切り開いた。核をなす「国文学の発生」について論じた四篇を所収。「言語」に執着し、日本語の発生を探るために朝鮮語、モンゴル語、アイヌ語までを学び、「新しい国学」を興すことを目指した折口の、希有な日本文学発生論。解説・長谷川政春/安藤礼二【もくじ】国文学の発生(第三稿)--まれびとの意義国文学の発生(第一稿)--呪言と叙事詩と国文学の発生(第二稿) 呪言の展開、巡遊伶人の生活、叙事詩の撒布国文学の発生(第四稿)--唱導的方面を中心として 呪言から寿詞へ、叙事詩の成立とその展開と、語部の歴史、賤民の文学、戯曲・舞踏詞曲の見渡し解説 折口信夫研究 長谷川政春新版解説 ホカヒビトからマレビトへ 安藤礼二収録論文一覧著者略年譜

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード