長靴を嗅いだ猫

楠田文人

324円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    喋るのが苦手でワープロでしか返事しない作家、未来の天気をピタリと当てる男、物の怪からの相談を受ける男、鉄で出来た村長。楠田文人の短編に登場する不思議なキャラクターは、目立つパフォーマンスをする訳でも、派手な格好をする訳でもない。ただ淡々と普通に生活している。そして、周りの人も取り立てて騒ぐでもなく、当たり前のようにそれを受け入れている。ありえないシチュエーションのなかに、穏やかな日常があるという「不思議」。この「不思議」こそが、楠田文人の持ち味である。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード