【最新刊】魍魎桜 よろず建物因縁帳

よろず建物因縁帳シリーズ

5冊

内藤了

792円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    土地を支えていたのはミイラ化した人柱だった。漆喰の繭に包まれた坊主の遺骸が発掘されると同時に、近辺では老婆の死霊が住民を憑き殺す事件が多発。曳き屋・仙龍と調査に乗り出した広告代理店勤務の春菜が見たものは、自身を蝕む老婆の呪いと、仙龍の残り少ない命を示す黒き鎖だった――! ひそかに想いを寄せる仙龍のため、春菜は自らのサニワと向き合うことを決意する。

    続きを読む
    提供開始日
    2019/01/22
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.9
    59
    5
    14
    4
    30
    3
    15
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/24Posted by ブクログ

      好きなシリーズの最新作。
      因縁がらみの建物を移す曳き家の仙龍と春奈が活躍する。
      「主人公が嫌い」って意見もあるが、私には理解できない。フツウにまっすぐで好感のもてる主人公だと思うのだが考えすぎでは……...

      続きを読む
    • 2019/09/19Posted by ブクログ

      シリーズ第二弾。

      タイトルからして読む前から期待が膨らむ。

      地図にない滝、滝から浮かぶ女の顔、聞こえる泣き声のような子守唄…序盤から期待裏切られず、むしろ想像以上のストーリーで大満足。
      第一作より...

      続きを読む
    • 2019/08/26Posted by ブクログ

      よろず建物因縁帳シリーズ⑤
      好きなシリーズなんだけど、頭痛かかえて読んでしまったので(寝ろよ)今回は文章を追うだけに。次回は入り込んで読もう。

      ●土地を支えていたのはミイラ化した人柱だった。漆喰の繭...

      続きを読む
    開く

    セーフモード