姉なるもの 2

著者:飯田ぽち。

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    天涯孤独な少年・夕は、世話になっていたおじの家の蔵で、美しくも冒涜的な何かと出会った。【千の仔孕む森の黒山羊】と呼ばれる“それ”に、夕は自分の姉になることを願う。すると“それ”は「千夜」と名を変え、彼の姉となるのだった――。クトゥルフ神話を下敷きに、千夜と夕の姉弟生活がハートウォーミングに、時に淫靡に、そして不穏さを漂わせながら描かれる。不吉な予感を漂わせながら綴られる、姉弟の日々の行方は……? 話題作『姉なるもの』第2巻、堂々発売。

    続きを読む
    • 姉なるもの 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      姉なるもの 全 4 巻

      2,574円(税込)
      25pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/01Posted by ブクログ

      クトゥルフ神話×おねショタという煽りですが、クトゥルフ神話を読んだことないからなあ(笑)

      「千の子孕む森の黒山羊」こと千夜が、意外に残念な悪魔、夕の大事なモノと引き替えの願い「姉になる」!が、なかな...

      続きを読む
    • 2018/04/29Posted by ブクログ

      何の理由もなくシュブ=ニグラスが現界することはまあないわけで。じゃあなんでってことになればこれはもうおじさんしかないわけで。そのおじさんがヤバそうってことは……物語が夕のモノローグの過去形で語られてる...

      続きを読む
    • 2017/09/28Posted by ブクログ

      独りと「姉」と続いていく――。

      一巻には一巻の、二巻には二巻の終わり方があります。
      「一巻の終わり」という言葉があるように、一巻はどこか危うげなものがありましたが、二巻は続いていきます。少し、安心で...

      続きを読む

    セーフモード