【最新刊】聖地巡礼リターンズ~日本人とキリスト教~

聖地巡礼リターンズ~日本人とキリスト教~

内田樹/釈徹宗

1,408円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    内田樹・釈徹宗の二人が,自らの足で歩き,立ち止まり,心ふるわせ,日本各地の霊性を再発見する好評シリーズ「聖地巡礼」。第1弾「大阪・京都・奈良」,第2弾「熊野」につづく,待望の第3弾は「長崎・京都・大阪」。テーマは日本人とキリスト教。日本人にとってキリスト教は,いかなる宗教であったのか。キリスト教はどのように受容され,またなぜ広まることがなかったのか。長崎に聖地をもとめた内田樹・釈徹宗が見出したものは何であったのか。1549年,フランシスコ・ザビエルの鹿児島上陸の話から,巡礼は始まった。

    続きを読む
    提供開始日
    2016/12/16
    出版社
    東京書籍
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    レビューコメント(6件)
    • 聖地巡礼リターン...2020/08/15Posted by ブクログ

      この夏は長崎に行きたかったが、コロナで行けず、代わりにと手にしたのが本書。キリシタンをテーマに長崎、大阪を紀行する。内容的には潜伏キリシタンを多く扱っている。
      釈徹宗、内田樹両先生の当意即妙なやり取り...

      続きを読む
    • 聖地巡礼リターン...2016/12/25Posted by ブクログ

      今回の聖地巡礼はキリシタン。
      長崎・京都・茨木・高槻。
      最近、遠藤周作の『沈黙』がスコセッシ―監督で映画化
      されるそうで、予告編を見ましたが、本を読んだときの
      想いがよみがえってきて、震える感じがしま...

      続きを読む
    • 聖地巡礼リターン...2017/09/16Posted by ブクログ

      宗教って、ある種のひとつの「病み方」なんですよ。健全な人ってこの世に一人もいないですから。程度の差はあれ、みんな心を病んでいる。そして、人間の持つ本質的な弱さは必ず「物語」を求める。宇宙を統べるひとつ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード