【最新刊】半壊の花

半壊の花

完結

早寝電灯

721円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

どんなに長いこと会わなくても、俺はおまえらのこと絶対に間違えたりしない──。 高校時代、そっくりな双子の兄弟・ハルとユウを唯一見分けることができた豊樹。三人の関係はうまくいっているように見えたが、高校卒業と共になぜか双子と連絡が取れなくなってしまう。そして数年後、豊樹が彼らと再会したのは、ユウの葬式だった──…。 切ない約束を巡る三角関係を描いた表題作ほか、三編+描き下ろしを収録した早寝電灯デビューコミックス。 【同時収録】扉の向こうの凪いだ海/嘘つきたちの食卓/稲穂に帰る道/稲穂につづく道

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

ページ数
196ページ
提供開始日
2016/12/22
連載誌/レーベル
WEBLink

レビュー

レビューコメント(4件)
  • 半壊の花
    ネタバレ
    2017/10/09Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 半壊の花2017/03/19
    沁みる。

    標題作品と短編が何本か収録された1冊。作家デビュー作。全ての作品に描き下ろしがありモヤモヤが残らない。ファンタジーよりでは無くリアルより。特に後半に収録された高校生の恋を描いた『稲穂に帰る道』はノスタ...

    続きを読む
  • 半壊の花2016/12/12Posted by ブクログ

    二次創作から好きだった早寝電灯先生のデビューコミックス。やはり最高でした。
    描線と絵柄が好きなんだけど、それ以上に心象風景の表現が本当に卓越していて、不思議な読後感がある。短編集としてもすごく粒ぞろい...

    続きを読む
開く

セーフモード